経営理念

私たちは、家族・共に働く仲間・顧客・仕入先・地域社会等、
全ての関わり合える人々の幸福と笑顔を創造する。
そのために、社業を通じて、人と事業の可能性を探求し、
自然と環境を護る。
これを未来へ継承する。

社員が、幸福と笑顔を創造する順序として優先すべき相手を表しています。
社員には、その家族のため、その家族を守るために働いてほしいという願いから
『家族』が最優先となっています。
なお広義では、社長にとって会社に在籍するメンバーは
すべて『家族』という意味もあります。

また地域社会とは、本店を置く足利市を見ており、
家族だけでなく地域で子供の成長を見守っていた
古き良き日本の環境をイメージしています。

『幸福と笑顔』とは、社会・家庭いずれの場でも、明るく元気な姿勢で、
新しいものを受け入れる素直さを持ち合わせている状況を示しています。

『社業』という言い回しとした背景は、
大塚実業として自然と環境に配慮しつつ、
『人と事業の可能性』を信じ
「ろ過フィルター」に限定しないビジネスモデルで
事業展開する姿勢を表しています。

なお、自然と環境を「守る」では無く『護る』とした理由は、守備という意識ではなく
「保護する」という姿勢を以て事業に邁進するためです。

また『未来』とは、近い将来だけではなく100年後、並びにその先まで見据えています。

大塚実業について知る

企業で行われるろ過は、大きく分けると湿式と乾式とに分かれます。
その内、当社が得意としている湿式ろ過には、
製品を製造する際に必要となるろ過と排水処理があります。
排水処理は文字通り汚れた水をきれいにして
川などに戻す処理のことです。
製品製造上のろ過とは、ろ過する前の懸濁液をろ過して、
残った固形物や、ろ過後の清澄化した液体のどちらか一方であったり、
または両方が製品であることを意味しております。
そのため製品製造上のろ過は、
とてもシビアなろ過の精度が求められます。
私たちはお客様の求めるろ過にアジャストするため
日々研究を重ねています。
ろ過は人々の生活と切り離して考えることのできない工程です。
ろ過に関する技術を応用して人々に役立てられることを
模索していきます。

当社は、布製のフィルター「ろ過布」を 製織から
お客様の御希望に沿った形になるまで一貫して
製造を行っているメーカーとなります。
ろ過布の需要は幅広く、日本酒や食用油などの口に入る物から
顔料や電池材料、排水処理に至るまで
様々な分野にて使用されております。
そのようなろ過布は、お客様の使用条件、
使用される機械によって選定しなければならないのですが、
一言でろ過布と言っても材質、糸の形状、織り方、糸の太さなど
様々な条件を考慮して、
お客様にとって最適な物を選定しなければなりません。

お客様のことを第一に考え、
長年培ってきたノウハウを先輩たちから伝承し、
全ての関わりあう人々が笑顔でいられるように
日々試行錯誤を続けております。
未来の地球のために私たちができることを合言
葉に、沢山の「ありがとう」を創造したい方、興
味のある方、是非一度ご連絡を!

インターンシップについて

当社では、随時インターンの受付をいたしております。
数日から長期にわたるまでご希望があればご相談に応じさせていただきます。

ショートインターンイメージ

当社がどのような仕事をしているのか、座学や先輩社員と行動を共にすることで
仕事への関心が深まります。

長期インターンイメージ

ショートインターンの内容の他、当社の広報活動や営業のサポート業務を実践で体験していただき、
当社の仕事に関係していただくことでより深い理解を得ることが可能です。